Pocket

ムダ毛のないつるつるなお肌のほうが美しいという美意識は、ずっと昔から変わらない美意識なのだそうです。考古学的にはなんと2万年ほど前からすでに脱毛が行われていた形跡があります。その歴史を振り返ってみると、脱毛していて体毛がない人というのは高貴な地位についているというある種のステータスシンボルだったのです。

そのようにDNAレベルで刻み込まれたツルツルの肌が美しいという普遍的な美意識なので、今わたしたちが「脱毛したい」という思いというのは得てして当然なのです。

古代のギリシャやローマでも脱毛という行為は行われていたそうです。クレオパトラの埋葬品の中にも、脱毛に使ったであろうと思われるカミソリのような刃物が残されていたようです。

その当時から、きっと脱毛は肌へのダメージに悩まされていたでしょう。実際に脱毛についての意識を調べて見た結果、ほとんどの人がカミソリによる自己処理をしているのです。実に60%という数字が出ています。そしてカミソリで脱毛処理している人の殆どの人が、カミソリ負けで肌荒れしたり、色素沈着したりなどの問題を抱えているでしょう。これらの脱毛における課題は、脱毛サロンが登場したことにより劇的に改善されたました。

脱毛サロンでは脱毛専用のフラッシュやレーザーなどがあります。これらは肌への負担をかけることなく、ムダ毛のみを処理することが可能です。そして回数を重ねていけば、毛が生える原因となっている毛乳頭を破壊することができて、結果永久的に毛がはえてこないつるつるな肌になることも可能となったのです。

Comments are closed.

Post Navigation